息子LOVE日記

発達凸凹な息子のことなど。

発達系の本ゲット

昨日漢字のことをブログにしたら、その日に漢字のテストがあったらしく(遅かった・・・)けっこうボロボロ間違えたそう。

 

間に合わなかったー!もっと早く一緒に勉強しておけばよかった。まぁ、点数はそれほど気にしません。これからでも覚えていけて身に着いたらいいだけですからね!!

 

さて、カテゴリに家庭内療育を追加しました。っというのも、やはり療育には行くものの、まだ学校ではたくさんの問題を抱えているようで、これは息子改造計画必要だろうと思いました。

 

これまでもたくさんの本を図書館で借りたり買っては読んできていますが、いまいち身についているのかわからない。やはりここはもう一度初めから本を読んで、勉強していこうと思いました。

 

 

先日親の会に参加したところ、その発起人であるママさんの勉強熱心ぶり影響されました。本もたくさん読んでいるみたいだし、ネットでも情報を得ていて、それを身につけて子供さんにいいものはすぐに試したり、今現在の町の療育体制の不備などを行政に自ら言ってしまうようなすごいひとなんです。

 

私、勉強不足だなと思いました。まぁカード300枚とか作ってるあの努力をみて、同じ立場に立とうという気はないですが、私もちゃんと息子に家でできることは教えてあげたいと思って、そこでオススメされた本や、ネットみて評価が良い本、図書館に行き読んでおきたい本などを借りてきました。

 

また、発達障害を持ったお子さんには、言葉を教えていく以上に、体への働きかけが必要なので、今まではバランスボールのみを家では使っていて、テレビを見るときやそれ以外のだらっとした時間もバランスボールで過ごさせていたんですが、それだけでは足りないかもと思いました。

 

バランスボールは年中の時から使っていて、今では足を離した状態で何秒保てるかという遊びで、1分程度足をつかず維持できるようにもなったので、体の中の体幹を鍛えるという意味ではとても役に立ちました。

 

その一方で、まだ手足の筋肉が全然つかず、細かったり、腕だけの力で自分の体重を維持したりの動作が人並みにはできず、雲梯というのでしょうか?公園に行っても、ぶら下がってそれで、ぜーはー言いながら下に降りてしまったり、鉄棒もぶら下がることも(怖くて?)避けてしまったり、一目につくと恥ずかしいのか、やっぱりやめたと別のほうへいったりするので、思いっきり家で練習させたいなぁと思っていました。

 

そこで、家庭用の鉄棒を購入。組み立ててみたはいいものの、何かねじ穴とねじ穴が合わず、ねじを通しにくかったり、側面の支柱とトップの部分がうまくかみ合わず、途中となっています。

 

早くさせてみたいのになぁ。息子も作る私を見ては、わくわく待っているのに、途中で終わって少し怒ってました。まだー?を連発。。。

 

こちらは夏休み、夏の暑い日にも家で特訓できるように、夏休み前までに完成させたいと思います。

 

うちの夏の計画(実行できるように今のうちに書いとく)

すずしい時間・・・8時~10時 17時~19時まで出されている宿題をする。

         できれば7月いっぱいでドリル系の宿題は終わらせたい。

 

10時以降・・・ゲームを一日30分(10×10×5×5分 その間10分、もしくは宿題休憩をはさむ)してもいい。

11時以降・・・自由時間

 

15時ぐらい・・・家庭内療育をする

        ビジョントレーニング ワークシート 集中トレーニング

        運動など

 

16時・・・・・・ピアノ練習など

 

19時以降・・・・テレビ&DVD

 

21時・・・・・・寝る前のマッサージ

 

さて、うまくいくでしょうか。ご褒美シール(トークン)を利用しながら、やっていきたいと思います。

 

 

夏の終わりに、こんな理想いってたのかぁアハハとならなければいいなぁー。