息子LOVE日記

発達凸凹な息子のことなど。

2学期が始まってから。

長い夏休みが終わり、3週間頑張ってシルバーウィークだったので、なんとかモチベーション保てた気がします。

 

最初の1週間は何事もなく終わったんですが、2週間目からちょこちょこと何かしらあり、そして3週間目は人からモノへと怒りの対象が移ることで、問題行動が減っていってるようでほっとしてます。

 

そしてシルバーウィーク。楽しかったですねー。旦那の出張先へ片づけ手伝いがてらで1泊してきました。焼き物を見たり、ハウステンボスに行ったり万田鉱という世界遺産を見たり、毎日どこかしらお出かけして楽しんできました。

 

今週からまた通常通り頑張ろうと思った矢先、先週金曜日あたりから、お腹をちらちら見たり、お腹をさすったりするしぐさをしていたんですが、今日の夜、ついに肋骨の下あたりが気になるといい出し、泣く始末。こういう時、通常の子はうまく伝えれるんでしょうが、語彙の少ない息子は、こちらが聞いてもわからないを連発し、症状を聞き出すのも一苦労。

 

ついには泣き始めてどうしたいいかわからず、とりあえず急患センターへと電話。診てくれると言ってくださったので、往復1時間の距離の急患センターまで行ってきました。

 

そしたらやっぱり、肋骨は特に気にすることはないけれど、お腹が膨れてるので、空気を飲み込みすぎてるようだとのこと。呑気症のようなものだとのこと。何かお薬飲んでますか?と聞かれ、そういえば漢方を飲んでいたけれど関係あるかと聞いたらば、若干関係してくるらしい。

 

息子は肋骨のでっぱりを気にしていたので、それは問題ないことがわかり、少し納得してくれたものの、腹部膨張感は治っていないので、胃薬をもらいました。

 

やれやれな晩でした。