息子LOVE日記

発達凸凹な息子のことなど。

Dr.倫太郎

食い入るように録画してた昨日のDr.倫太郎を観ました。

伏線として昨日は内田有紀演じる看護師役のその息子さん(自閉症スペクトラム/サヴァン症候群)の話が主題でしたが、これが面白かった。

そして自閉症スペクトラムである息子を持つ私はドキドキしながらみてしまいました。

というのもドラマというのは影響力があります。そのドラマによってもしかしたら偏見などによって息子への風当たりも悪くなることも予想されたためです。

しかし結果は、息子さんへの母親への愛情、母の息子さんが大事だという思いが丁寧に描かれ、間違った偏見を持たないように配慮してある内容に自閉症スペクトラムの子供を持つ親御さんが納得するものだったと私は思います。

あのパーティーでの乾杯や祝杯などの場面は、なんとなく息子さんすぐに大きな音が鳴ると耳ふさぎをしていたり、その場を去ったりして、嫌なんだなって空で乾杯したらよかったのに、とか細かい点は気になってしまったのですが、倫太郎の発する言葉がよかった(^.^) ふつうに涙流してみてしまいましたから。

特に母親は自分を責め続けているというような内容で、ジーン。わかってくれる人はあまりいないので、ここまで心情をドラマで代弁されると泣けました。

今期はマザー・ゲームとこのDr.倫太郎を楽しみに毎週観てます。もし大学病院にひのりんのようなDoctorがいたら本当に素晴らしいのに。私も何年か某大学HPの医局にいたので、この物語の白い巨塔のような雰囲気たまりません(>_<)エンケンさんが特にかっこよい!池さんどこいった?っとかちょいちょいつっこみいれつつ見ております笑 

今回の回は永久保存版にしよう(^^)