息子LOVE日記

発達凸凹な息子のことなど。

頑張ったよ!

タイトルに発表会と書くと身バレが恐ろしいのでとりあえず控えてみたのですが、先週の土曜日に年長最後の発表会がありました。

前日から夫のお母さんが訪れ、当日はじいばあが見てくれるという張り切りっぷり!!うちだけかしら??でもなんとなく、小学校は特別支援学級に進学ですし、こんなに全員で出れるって最後かもしれないなと思ったらどうしても見せておきたくて!!

セリフは4つありましたが、どれもとちらず言えてたけど、なんていってるかわからない。というのも息子、しゃべりながら動き出すので、動きの音でセリフがかき消されてちょっとよくわからなかったのですが、家で確認してみたらきちんと言えてました。

それよりも!息子をよくフォローしてくれるK君にお隣の名前が分からない女の子!!本番でも息子の立ち位置がずれてたらちょっと向こうだよ!とか、しゃべりだしたり、動き出しそうになったらすぐさま反応して小さく口の前に指を立てて軽くしーっとしてみたり手を抑えてくれたり!!

おかげで全然息子が悪目立ちすることなく、スムーズに事を終えることができました。本当にありがとう(>_<)

また別のクラスの女の子だけど、息子の動きで息子の剣が外れてしまったときに、すぐさま剣を拾ってくれたりなど本当にやさしくて頼もしい子たち!!

小学校でもこういう子と出会えたらいいなと。そしてそういう風に息子に接するようにみんなに教えてくださってる先生方に感謝です。

他の劇の子も本番で走ってころんだけど頑張って涙流しながらセリフ言う子とかいて、年長さんってもう軽く大人だよねと思ってしまった。。。この子たちが今度は小学1年生になって最少学年になるのかと思うと不思議です・・・。

最後は年長全体で手話付きの歌と合奏でした。合奏してる時の息子めっちゃ楽しそう!多分この子音楽好きなんだな。

楽器習わせてみたいけどあばれたらと思うと最初の一歩がなかなか踏み出せない。思えば私も小学校1年からピアノと習字ならっていたので息子もおけいこ事始めるには丁度よいかな。

他の子たちはすでにサッカー、水泳、女の子はダンスにピアノ、バレエとすごいもんね。習わせるとしたら個人レッスンのピアノかKUMON、それか習字かなー。

でも結局小学校生活慣れさせるのに必死であっという間に1学期が終わりそうな気もします。