息子LOVE日記

発達凸凹な息子のことなど。

知能検査の結果

今年も6歳を迎える前に知能検査を行いました。
前回は田中ビネーという検査方法でIQ95でした。
今回はwppsiという検査方法で
言語性・・・IQ89
動作性・・・IQ136
でした。どうやら言語性と動作性のIQの差が激しい程発達に偏りがあるとみなされ、発達障害を疑われるということです。
息子の場合もう発達障害があって受けてるのでわかってることでしたがここまで差が出てくるとは・・・。
言語性は確かに裏で聞いてても難しかったようです。
ダイヤモンドってどんなもの?
牛乳ってどんな動物からでてくるか知ってる?
こんな問題がわかりませんでしたね。
あと数字の問題でしたが問題自体もうわすれちゃいましたが、小学生が解くような問題も出題されました。
12問中8点でした。
一番悪かったのは動物の家という動作性検査。普段ならできるようなものでしたが、時間を計りだして焦ったのかまるでできず5点/28問
動作性は他はよかったのでこれができてたらもっとよかったなぁと思う反面、やはり息子に大事なのは普段のコミュニケーションを取るための言語の理解なので、もっと本を読まないとだめだなぁと反省しました。
最近ドミノとか迷路とかばかりで遊んでます。迷路書くのが好きなんです。
やっぱ動作性優位なのもわかるなあ^^;
写真 1.JPG
写真 2.JPG
写真 3.JPG