息子LOVE日記

発達凸凹な息子のことなど。

産院生活2日目

入院生活二日目の朝6時半。
目が覚めると、夜中夢の中で、うちの子が泣いていたような気がしたため、
看護士さんに聞いたら、やっぱりそうだった!

はいはい静かに
などといってあやしたらしい。

あの子はよー泣くし、よー飲む(よく泣くし、よく飲む)

っと、もっぱらうわさのようです。

7時
いつもの母乳&ミルクタイムです。
驚くことに、同じ日に生んだ方の一人の乳から
溢れんばかりのミルクがこぼれてます。

もう一人も10mlばかしでている様子。

もちろん私・・・


最初だからそんなもんよ。っと助産師さんはいうが、母乳がでてる女の子に
すごいわ~、それだったら母乳でいける!!』
っとお褒めの言葉で賞賛しているのをみて、ちょっとがっくしきましたおちこみ


8時45分
出産してはじめての内診です。悪露の状態、子宮の状態を診ます。

どうやら、悪露もちゃんと出ていて、子宮も下がってきており、
会陰の腫れもなく、状態は良好のようです。

この日シャワー許可が得られました。思えば29日の夜から入ってなかったので、汗でベタベタ、髪はシナーっとなってます。

しかし、下の痛みで、今すぐにでもシャワー浴びたい!!
ってならないのがすごい。

10時
本日2回目の授乳タイム。やはり出ず。。
どうやったら出るのか、教えて欲しい。
一応母乳マッサージとやらは妊婦時代に行ってたんだが。

11時
妹がやってきて、かわいいを連発。
しかし、ここからぐずりタイムに突入。
おむつ替え→泣く→ミルク→寝るを繰り返す。

このころわが子はすでに3000gを越えていたにも関わらず、1回の授乳でミルク20mlしか許可されていなかったため、1時間後に泣き出すということが頻繁にありました。

1時間前にやったばかりなのに、もうやってもいいものかと悩んでいる間に、
わが子はぎゃんぎゃんなきわめき、他の部屋に声が響いて迷惑をかけているに違いないと思うと、肩身が狭く、何故わが子だけすぐ泣くんだ・・・っと一人悩みました。


今考えると、単に足りなかったんだな(笑)

新米ママには応用という文字がなく、言われたとおりの時間に言われた量を与えることしかできなかったのでした。

だいたい本日のぎゃん泣きの原因はこれで、泣いたため
20を与えてもまだ泣くということもあり、軽くノイローゼ入りました汗;

しかし、この夜に出たお祝い膳を食べると、俄然元気が出たかも。



本日の夜より10時、1時、4時に起きて、授乳室でミルクを与えましょうといわれていましたが、わが子の8時半からの泣き声を、遠くナースステーションより聞きつけた看護士が部屋に入ってきて、

『もう今日は疲れていると思いますので、赤ちゃんはこちらでお預かりしますよ。消灯の時間なので、ゆっくりお眠りになってください』

と、泣き喚くわが子を手にとって去っていきました。


なんだかいろいろと凹んで、(母乳がでない、わが子だけ泣き喚く等)部屋で一人おっぱいマッサージのビデオを見てさみしくマッサージに勤しみました笑

すると、すこぅ~し、白い汁が出てきましたとさ!

助産師さんの母乳の出る人には授乳室でつきっきりで指導、出ない人はとりあえずほっといて、ミルクをあげておいて的な扱いに、差別感を覚え、おっぱいが出ないが故の不当な扱いに、

メラメラと闘争心が生まれてきました笑

毎日マッサージがんばろうと心に決めた一日でした。意外に入院生活いろいろと大変ですsn