息子LOVE日記

発達凸凹な息子のことなど。

プログラミング

うちはレゴのプログラミング教室に通ってたのですが、

 

諸事情で通えなくなり、

結果、大好きなプログラミングが

できない状況になってしまいました

 

 

ごめん、息子。

 

かわいそうなので、

こんな本を買ってあげた

 

こどもプログラミングドリル

 

こどもプログラミングドリル (Scratch(スクラッチ)編)

こどもプログラミングドリル (Scratch(スクラッチ)編)

 

 

なんでしょう。

大人の私が見たら正直ちんぷんかんぷん。

 

クラッチというソフトウェアを使って、

プログラミング言語がわからずとも、

ブロックとよばれる絵柄を組み合わせて、

作れるようになってます。

 

うちの息子は本を買って家に帰って読むこと10分。

 

ほぼわかったと、早速ゲームを作り始めました。

 

 

しかし保存に失敗し、せっかく作り上げたゲームは無くなってしまいましたが、

 

次の日に再挑戦。またゲームを作り上げました。

 

 

これ、積みゲーやけんね

 

 

と一言笑  

 

積みゲーとは、文字通り、ある行動をして問題に出会ったとき、本来戻って新しい方法を試せば、次に進めるわけですが、

 

 

そこで終了して後戻りできないこと。

 

 

あー、こんな言葉、もう小学生でつかってしまうなんて、

 

YouTubeの影響すごいです。

ワラとか言ってるし。

 

そんなこんなで作り上げたゲーム。

試行錯誤して、もっとよいものをと色々試すことが楽しい見たい。

 

 

何より、息子のゲーム作りたい欲求が、

早々に叶うのは、息子にとってこれ以上嬉しいことはないと思います

 

 

この本、おススメいたします